ALM2ThunderbirdのSubjectヘッダーの処理について

ALM2Thunderbirdをご利用頂きありがとうございます。フィードバックを頂きましたのでコメントをします。

ALM2Thunderbirdの現在の実装では、SubjectヘッダーはAL-Mailの保存形式のままにしています。本来ならALM2Thunderbirdでエンコードしなおすべきなのですが、Thunderbirdに任せています(^^;)Thunderbirdにてフォルダーのエンコード形式を変更することで表示可能な場合があります。

現時点ではこちらは仕様となります。ご了承下さい。

 

 

 

 

 

「ALM2ThunderbirdのSubjectヘッダーの処理について」への3件のフィードバック

  1. ALM2Thunderbirdの開発、配布ありがとうございます

    ご存知かと思いますがThunderbirdの仕様が変わり
    MIMEエンコードされていないヘッダはUTF-8に
    強制的に変換されるようになっているそうです。

    https://forums.mozillazine.jp/viewtopic.php?f=3&t=15545

    ご存知の通りAL-Mailは送信時にはSubjectをMIMEエンコーディングしますが、受信時にSubjectをMIMEデコード
    してしまう仕様なので保存されている日本語Subjectの
    ほとんどは、残念ながら上記文字化けに引っかかって
    しまうようになってしまいました。。。

    できればMIMEエンコードしていないSubjectは
    MIMEで一旦エンコードするか、UTF-8エンコード
    してもらえるとありがたいです。

    ご検討、よろしくお願いします m(_ _)m

  2. もぞさん、情報ありがとうございます。

    Thunderbirdの仕様が変わってましたか・・・前々から要望のあった仕様なので、直せそうであれば直したいと思います。確約は出来ませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    1. ありがとうございます!

      アーカイブ専用でAL-Mailとそのフォルダは残しているので今のところは古いメールを参照することはなんとか出来ていますが、結構面倒です。
      急ぎではありませんが対応して頂けるのであればとても助かります。
      ズルズルとAL-Mailを使い続けているうちにThunderbirdの仕様が変わってしまい途方に暮れていました。文字コードの問題は面倒だと思いますがよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA